スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
足跡
2005 / 10 / 04 ( Tue )
当分お留守になるコルム関連記事なんで昔を懐かしんでみます。

古い方には懐かしさ満点かも。
ちょっと語っちゃいます。


―――――――――――――――――――――

ネット上でとある日記からコルムを知った。
ちょっと冷やかすぐらいの気持ちで始めた。ちょっと興味はあったがその敷居の高さにしり込みしていた自分には「無料という言葉はまさに天恵であった。

すべてが新鮮な毎日。

気がついたときにははまっていた。

1週間もすると知り合いも出来、自分はさらにコルムに情熱を傾けるようになっていた。


1

ただの偶然でしかない必然的な邂逅。
今思えばこうなるべくしてなったとしか思えない。

彼らとはすぐに打ち解け、行動を共にするようになる。

2

ギルドに誘われ、迷いつつも入団を決める。
絆が形となった瞬間。
だが、Βテストというものには終わりがあることを当時の自分は知らなかった。

3

突然のサービス終了。
街中にばらまかれるレアアイテムと仲間との別れに思考が止まり、寂しさが押し寄せる。
次に会えるとすれば1ヵ月後。

4

再会を誓った。
相手がどこにいようと探し出すと決めた。

そして2度目のスタートを切る。

5

β2の開始。
みんながみんな同じ格好をしていた。修練装備が高値で取引されていた。
そして、

6

待ちに待った再会。
このころには装備も当時の高級品を付け、1ランク上の存在になっていた。
そしてあのレンジャーと顔を合わせる。彼は自分達以上に廃だった。

―――――――――――――――――――――


長いので後編へ続きます。
スポンサーサイト
00 : 00 : 00 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<足跡2 | ホーム | special thanks>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://summer08.blog19.fc2.com/tb.php/35-0148f0de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。